入力する姓名について

診断する際、姓名は日常的に書いている漢字で入力してください。 流派によっては、字の意味を重視して、旧字体に直したり、へん・かんむりなどの部首を元の文字に直して数える場合もありますが、ここでは『普段使う文字』を重視します。また、『佐々木』『野々村』のように「々」の繰り返し記号を使っている場合は、『佐佐木』『野野村』のように本来の文字に戻して数える流派もありますが、当サイトでは的中率の高さから、「々」で計算します。



性別

姓・名は最大5文字

益若つばさの診断結果

益若つばさ(女性)の姓名判断診断結果

天格(祖運)18画

『信頼正 忍耐 成功』

天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。

人格(主運)9画

『薄幸 消極的 孤立』
人生に悲観的な芸術家
知性や感性に優れいますが、この能力にかかわらず、運をつかむのは困難です。
頭が良く才能もあるのですが、消極的で気分屋なために、一度は脚光を浴びるも持続はせず、世の中に認められにくい傾向があります。また、病苦や突然の事故に見舞われる暗示があります。好調な時に天狗になったり、落ち込んだときに自暴自棄にならないことで運気の安定を図れます。また、感情の起伏が激しく、自己のコントロールが苦手なところがあるため、自制心を忘れないよう心がけましょう。

人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。

地格(初運)10画

『多難 大凶』
虚しさにさいなまれる人
子供の頃は虚弱体質で、事故にも注意。寂しがり屋ですが、自分の気持ちを素直に表現するのが得意ではなく、孤独な性質を持っているため、恋愛や結婚は波乱含みです。
気分が変わりやすく、時に大胆な行動に出ることも。一方、興味のあることに対しては、深く突きつめて、徹底的に取り組むところがあるため、早期から好きな事を見つければ、その分野でよい成果を上げられるかも知れません。

地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。

外格(助運)19画

『苦労 挫折 障害』
成功の維持が困難なタイプ
敵を作りやすいタイプです。才能はあってもチャンスにはなかなか恵まれません。
何事も損得だけで考えるために、挫折したときに助けてくれる人がいません。豊かな感受性と鋭い直感力を持ち合わせており、芸術家として成功する人もいますが、目標を見誤ると運勢が急変してしまいます。

外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。

総格(総運)28画

『翻弄 誤解 不和』
浮き沈みの激しいタイプ
陽気で生命力にあふれ、独特の感性と明晰な頭脳、純真さを持ち合わせていますが、トップを極めても成功におごっていると、転落の道へと進む可能性があります。
手を広げすぎるため、全て中途半端になってしまいがちです。目標を絞って力を集中することで自ずと道は開けます。

総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。


三才配置『金⇒水⇒水』

優秀な頭脳を活かして成功。
才気を活かして、どの分野でも成功します。財テクにも成功し、中年期までにかなりの財産を築けるはず。しかし、家族に病人が多い傾向が。

天格が「金」の人は、「スポーツマンタイプ」です。
人格が「水」の人は、「鋭い感性の持ち主」です。
地格が「水」の人は、「芸術家肌で、やや浮気性な人」です。

五行・三才配置について

陰陽配列

陰陽配列は「良い配列」です。

良い配列の例を見る。

益若つばさと同じ字画数の著名人・歴史上の人物

「益若」の姓と相性のいい「女の子」の名前

「益若」の字画数「10,8画」と相性の良い女の子の名前の候補です。命名・名付けの時に参考にしてみてください。

姓名判断の見方

姓名判断では、名前がその人の「過去」、「現在」、「未来」を暗示していると考え、それに基づいて『天格』、『人格』、『地格』、『外格』、『総格』の5つの運に分類します。 姓名判断の五格、陰陽配列、五行・三才配置の見方

天格(祖運)

姓の総画数。祖先運。祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。
天格だけで吉凶は判断しませんが、姓と名の字画数の関係が姓名判断においては重要であるとされています。婚姻をすると一般的には配偶者のどちらか一方の姓を他方の姓に合わせるため、配偶者の一方は婚姻後には天格が変わるため総画も変化することになる。

人格(主運)

姓の最後と名の第一字を足したもの。姓と名双方の字画数を用いることから、姓名の中心、五運の中核を成します。同一の画数であっても、姓と名からどのような画数が組み合わさっているかによって、その強弱が左右されます。
人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。

外格(助運)

総格から人格を引いた画数。(一字姓、一字名の場合は、双方の画数の合計数。)家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。
人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。

地格(初運)

名前の合計字画数。一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。『人格』が人間の内面を表象する数であるのに対し、『地格』は「他人に対する自分の印象」を表す数です。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。上の金運や性的傾向・適職に関与するとはここから導かれる帰結です。

総格(総運)

姓と名の合計字画数。人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。

陰陽配列と三才配置について

当サイトでは五格以外に『陰陽配列』と『三才配置』による判定もしています。

陰陽配列

画数の奇数(○陽)と偶数(●陰)の配列で吉凶を占います。どちらかにかたよる名前は大凶名で避ける必要があります。陰陽のバランスの悪い名前の人は運勢が落ち着かず、世の中の変動に弱くなってしまいます。せっかく字画数の良い名前をつけても陰陽のバランスが悪くなると、運気を弱めてしまいますので、命名・名付けの際は画数や五行・三才配置だけでなく、陰気、陽気の数や配置バランスも考えるとよいでしょう。 幸運を招く陰陽配列と避けたい陰陽配列
上図に該当する配列がない場合は吉でも凶でもありません。

五行・三才配置

五行・三才配置とは、五格のなかの「天格」「人格」「地格」を『木』・『火』・『土』・『金』・『水』に当てはめ、それらの配置で吉凶を占います。天格、人格、地格の下一桁の数字が「1・2」であれば、「木」、「3・4」であれば、「火」、「5・6」であれば、「土」、「7・8」であれば、「金」、「9・0」であれば「水」となります。
五行・三才配置の相関図

ページTOPへ移動